審査請求について


商標登録出願や意匠登録出願の場合は、出願をすれば、自動的に審査に入ります。一方で特許出願の場合には、審査請求をしなければ審査は開始されません。審査請求は、出願と同時にすることもできますし、出願後にすることもできます。ただし、出願日から3年以内にしなければ、その特許出願は取り下げたものとみなされます。

審査請求は、出願人に限らず、誰でもすることができます。例えば、その出願に係る発明が特許になるかどうかについて早く決着を付けたいと考えている第三者でも審査請求をすることができます。

一度審査請求をしたら、その請求を取り下げることはできません。既に審査が開始されている場合は、これまでの審査が無駄になってしまう可能性があるからです。審査請求の取下げはすることができませんが、審査請求後であっても特許出願の取下げは可能です。

審査請求の費用については、費用・料金 のページをご覧ください。