存続期間


特許権の存続期間は、出願日から20年間で満了します。商標権のように更新をすることができないので、20年間で権利が消滅してしまいます。出願から権利化までは数年かかる場合がありますので、実際の権利の有効期間は十数年間になります。

特許権の場合、存続期間の延長をすることができます。ただし、延長できるのは、薬事法等で特許に係る発明を実施することができなかった場合に限られます。延長できる期間は、最大で5年間です。存続期間の延長登録の出願は、特許権の存続期間が満了した後はすることができません。一度消滅した権利を復活させることは、法的安定性を欠くことになるからです。特許権の存続期間の延長登録の出願をしようとする者は、下記の事項を記載した願書を特許庁長官に提出する必要があります。

● 出願人の氏名又は名称及び住所又は居所
● 特許番号
● 延長を求める期間(五年以下の期間に限る。)
● 前条第二項の政令で定める処分の内容